私はリーダー。

実はワタクシ渡辺はリーダーでして。

何のかと申しますと、ガールスカウトのリーダーです。
そうです。あの、ボーイスカウトの女の子バージョン
のガールスカウト。

小学校1年生の入団から数えればその歴・・・?!
怖すぎてカウントできませんでしたが、
大学生からは指導者側になって、リーダー歴も〇〇年。
・・・何やら優等生の香りが漂って来たのではないでしょうか(笑)

今日は年度末ということで、そのガールスカウト恒例の
持ち寄り「ひな祭りランチ会」に行って参りました♪

まぁ、実情を明かすと、私はnatural-lismが活動日と重なる
日曜日がオープンなのでなかなかお手伝いできていないのが正直なところ。

でも、毎年、年度替わりには労っていただいていて、
保護者の皆さまから記念品まで頂戴してしまいました。

大切にします♡

少し前に偶然、以前にスカウト(生徒のような意味です)だった子にバッタリ!
イマドキのオシャレさんな大学生になっていた彼女を見て、
時の流れを感じていたら、
「まだガールやってる?私もまた行きたいな!あの時、すごく楽しかったから」って。

確かに、確かに!
彼女たちが子供だった頃は私たちも若かったし、暇だったし(笑)
いろんなところに行ったり、趣向を凝らしたクラフトを作ったり、夏はキャンプをしたり。

時々、「バイト代をもらえないどころか、参加費持ち出しだし、遊ぶ時間削られるのに、
我ながら偉いな~」なんて思わなくもなかったあの頃が報われた気がしました(笑)

今は仕事柄、なかなか手伝えませんが、これを機にまた
少しずつでも参加して行こうと思います。

ガールスカウトは、子どもたちが、
「自分のことは自分でできるようになる」ということを目標に、
自立を促す活動と、地域に貢献する活動とがあり、
それはそれはきちんとしているところや人もいますが、
私は、それらも大切にしつつ、まずは子供たちがいろんな
価値観に触れる機会が増える場所になればいいなと思っています。

昔、自分の名前が嫌いな子がいて、お友達からもからかわれたりしていた時、
60代のリーダーに初対面で「まぁ、いいお名前ね!」と言われて、
それ以来、自分の名前を好きになったとご両親がとても喜んでいました。

誰が言っても良かったその言葉。
先生が、親戚が、近所の人が言っても良かったその言葉を、
その人がかけたという。

それが何よりかなと思うのです。

いろんな世代の、いろんな価値観に出会える場所になって、
子どもたちの可能性が広がればいいなと。

・・・あまり行ってないクセにね(笑)

ということで、
ガールスカウト世田谷第160団。
ご興味ある方はぜひどうぞ(笑)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.