美味しい青汁のワケは冬にあり!愛媛研修の旅part1

8日(木)~11日(土)の間、
店舗をお休みさせていただき、
当店の青汁の製造元がある愛媛県に
行って参りました。

今回の旅の目的はケール畑の見学&収穫!
と祖母の法事。

ですが、白状しますと、
先に決まっていたのは祖母の法事で、
「おばあちゃんがくれたチャンス!」ということで。

【ケール畑の見学と収穫】&
【いい旅館に泊まってお客様への対応を勉強しよう】という研修目的と、
【今年オープン5周年を迎える前祝い】&
【いつも支えてくれている家族と温泉で癒されよう】という遊び目的との
公私混同モリモリ作戦を付け足して行って参りました(*‘∀‘)

natural-lismをオープンする前に約二週間ほど
製造元へ行き、畑や工場を見たり、
青汁を置いていただいている、今治のタオル美術館
や伯方島の伯方の塩に行ったりしましたが、
6月だったため、冬季限定で栽培しているケールの畑は
まだ土づくりの途中で、成長した状態を見ることができ
ませんでした。

それが、念願かなって今回は収穫前の
ケール畑を見る&収穫ができました!

 

 

じゃん!西条市にいくつかあるケール畑の1つです↑
1月に1回目の収穫を終えて、
中の方の葉がさらに大きくなるのを
待っているところです。
ちょうど今週が2回目の収穫だそうです♪

作業用のつなぎ持参で私も収穫を♪
葉はこんなに大きいのに手でボキッと
簡単に取ることができます。

この日は日頃の行いが良いんだか悪いんだか。
なんと愛媛県にも雪が降っていて激寒!

ただ、お陰様で、

こんなに美味しそうな素敵な写真が撮れました♡

髪振り乱してたくさん収穫しました(笑)
あまりの寒さに着込みすぎてダルマ状態・・・(*´з`)

ケールは苦くて青臭い青汁の代表格の呼び声高いですが、
それは育て方次第!

オーガニックで栄養満点の有機肥料をあげてストレスフリーで
育てれば実に美味しいケールが育ちます。

しかも、普通は1年中栽培するところを冬のみに限定して
栽培することで美味しさと栄養が各段に変わります!!

顔よりはるかに大きく緑が濃いのは冬に育ったケールの特徴!

このままバリッと食べると茎はとっても甘くてやみつきになる美味しさです♪

 

しかしながら、
生で見るケール畑のケールはなんとも可愛いこと!
なぜそんな風に感じるのか、自分で育てたわけでもないのに(笑)
とても不思議でしたが、なんか可愛い!!
手塩にかけて種から作っているので、
畑担当の皆さんはさぞ愛おしいでしょうね~。

そんな思いをヒシヒシと感じて、しっかり大切にお客様のもとへお届けすることを
その瞬間、胸に誓いました!・・・ような気がしますが
若干後付け感が半端ないので(笑)いまこの場で誓います!

と、そんなことを思いながら、ケール畑を後に。

 

そして、一仕事後の、

甘いものの美味しいこと♡
(手の出演&全Photo by製造元の日野さん。ありがとうございました!)

生のイチゴがふんだんに乗っていてゴージャス!
ただ・・・寒すぎました”(-“”-)”

というわけで、無事に任務遂行で
「研修旅行」という大義名分が果たせて(笑)
一安心の2日目でした♪

 

さて、諸々詰め込みまくった愛媛珍道中。
仕事の後はもちろん温泉に!
明日は道後情報をお届けしたいと思います♪
もちろん、それも仕事ですよ(;’∀’)

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.