ご挨拶

わたくし、今でこそ健康食品を扱っていますが、

元々は「野菜を食べなさい」「体にいいものを」が口癖の母と、

「短い人生、うまいもの食べた方がいいじゃないか!」が口癖の父との間に育った、

言わば、「ロハス」と「ジャンク」の・・・しかもちょっとジャンク寄りのハーフでした。

良くしたもので、私は育てられたように育ち、20代、一人暮らしを始めた頃。

買い物へ行くと、カゴには大好きなお肉とお菓子。

そして、母の洗脳の賜物である野菜を入れていました。

しかし、仕事帰りに寄るスーパーに並ぶ野菜は見切り品ばかり。

更に、たまに野菜を買っても急な予定変更で気がつけば冷蔵庫でしなびてしまう日々。

そんな悪循環からいつしか洗脳も解けて野菜は遠い存在になり、ジャンクが幅をきかせていました。

食事バランスはめちゃくちゃになり、休日は体力回復のために一日ゴロゴロ。

季節の変わり目はだいたい流行の風邪。

慢性的なお腹の不調。

コレクションのように増え続ける診察券。

ある日、お財布の整理中に「すごい診察券の数だね」と言われ、ハッとしました。

病名が付いていないだけで、決して健康な体ではないということに…。

そこから健康な体を作ろうと意識が変わりました。

一念発起して始めたスポーツクラブに食事毎の栄養管理!

しかし、「超」が付くほどのズボラな私に続けられるハズもなく…。

そんな時、「野菜を食べなさい」子どもの頃から言われ続けた母の言葉が再び蘇りました。

栄養価が高くて、短期間で弱らず、いつでもどこでも摂れる野菜はないものか。。。

そして、調べれば調べるほど、まさに「青汁!」でした。

『健康は健康なうちに考えよう!』製造元である遠赤青汁株式会社高岡社長の言葉です。

『(健康は健康なうちに考えよう)そして、美味しいものは美味しく食べよう!』というのが私の信条です!

一生美味しいものが食べられるように、ズボラな私と一緒に青汁ライフをはじめませんか?

代表 渡辺文野

watanabe